スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top∧
220光年 (番外)・・俺の屍を超えて行け(笑)
2014-03-15 Sat 01:54
え~今回は、展示会&Gmail等々で要望&質問いただきました事を書きたいと思います。

・・・その前に・・・前回記事にてSSCさんのBLOGに行く予定が・・・何故かヤフ~に行っていた(爆)
通常なら未だしも、紹介記事でこれじゃ~ね~・・・・面目ない!!!
SSCさん、又訪問していただいた皆様には多大にご迷惑をおかけしました・・・
謹んでお詫び申し上げます

さて(切り替え・早)、まずほぼ共通事項が・・・・BLOGでもっと細かく(詳しく)画像を載てください!(笑)でした!
次に多かったのが、漠然とどういう所に注意してるか?どーやるの?・・みたいな~
質問が多かった・・・・(さてGmailの君・・・・私はある意味ビックリしました・笑)
まさか本当にメール来るとは思ってなかったので・・・・とても、嬉しいんですよ

つー訳で、今回は「私がこの頃やっている立たせ方?」&日頃どーいう事を考察?してるか書いてみようと思います。(ある意味基本形みたいな部分のみですが・・・)

注意事項(激笑)・・・私より上手い方はスルーで御願い致しますね~(これ、ホントの話)

今回は例題形式&画像で説明いたします(笑)

例題(1)
00613.jpg
通称「股間立ち」と呼ばれるスタイルの図

では、何故股間立ちなのか?ですが・・・・まず考えられる大きな要因として・・

1)股間が飛び出ている(笑)が目に付きます。では飛び出している部分を無くせば「股間立ち」は直るのか?
・・・直りません!(私はそー思っている)・・・何故か?

2)答えは、リアアーマーが前側に行ってる・・・つーより腰(お尻)が前に「くいっ」っと入っちゃってるようにみえるでしょ?・・・・リアアーマーの取り付け角度を変えるだけでも大きく緩和するはずです。
(ただし、アーマーは左右とつながらなくなるので、別作業が発生します)


例題(2)
00615.jpg
ジム改・・・素組みの図

私はジム改大好きでね~・・・HGUCが始まってこのKITの発売を10年以上待ちました(多分その位・笑)
まーどうでもいいことですが・・・

このKITを初めて見た時・・・・う~ん・・・胴が短いかな~と思いました。

さて、考え方として「胴が短いのか?」それとも「足が長いのか?」どちらとも取れます。
しかし、どちらの加工(修正)を選ぶかにより工作量は変わります・・何故か?

それは、腕の長さがスタイルに関係してくるからなんですね~

足を短くした場合・・・胴と足のバランスが良くても、「今度は腕が長いよ~」みたいになります。(間違いない!)
と、言う訳で多分胴を伸ばすのが正解(楽できる)はずです。

例題(1)で言いたいことは「ダメな部分の直接修正」以外にも「そのように見せる要因の修正」がある・・・という事
例題(2)で言いたいことは、どのようなスタイルでも手、足、首等々のバランスが重要という事

偉そうなことを書いてますが、では私は出来ているのか?と、尋ねられたら・・・・
笑ってごまかします

例えば私の場合、胸の厚みがほしいと思ったら・・・

(1)胸を厚くする直接方法

(2)胸が厚く見えるように他の部分の修正
   (首を後方に移動、両肩の後ろ側への反り等々)

直接技プラス変化球で相乗効果をくわえております・・・(全体のバランスを崩さないのが基本ですが)

まーこんな事を考えながら、兎に角「楽して」かっこいい作品をつくりたいな~と日頃苦慮しております。

・・・こんなもんでどーでしょーか?・・・・ダメ?・・・・・弱ったな~(ホント!)

つー訳で、ラクして「私がこの頃やっている立たせ方?」の実践例のコーナーです
(結果としていつもの製作記事なんですが・・・笑)

00616.jpg
腰部分の図
前側を下面に向かい削り込み&リアアーマーを上側に広げた?修正をした図

00617.jpg
胴回りで角度付けした部品を標準パターンで組んだ図
おもいっきり傾斜しております(笑)

00614.jpg
で、ポーズ?付けした図
すこーし違和感はありますが、らしくなってきた(大笑)

00619.jpg
前方向から

00620.jpg
後ろ方向から

どうでしょーか?安易な方法ですが、ギリギリ「股間立ち」じゃないでしょ?

・・・頼む・・・そー言ってくれ~・・みたいな~(笑)

ま~今はこんなレベルの作業しか出来てませんが、5月の連休までには完成させたいな~と、思っております。

結果として、質問に答えられた記事にはなってないかな~・・・・残念!
まー・・・一番重要なのは、「模倣した先に見えるなにか?」を掴み取ることではないでしょーか?
そういう意味で「私を踏み台」にして(今回の題名)良い作品を作ってくれれば私も嬉しい限りです

がんばれ~・・・・・(丸投げ100%)みたいでもーしわけない

いや~・・・駆け足で書きました・・・ひさびさ~

では、又
スポンサーサイト
別窓 | 2014艦長日誌 | コメント:9 | トラックバック:0 | top∧
| 10代目の宇宙の果てまで模型製作 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。